自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#267 *SPICE OF LIFE* 「本、そして、ガラスの鈴の音」

 こんにちは、由歌利です。

今日の午後は歯医者さん(涙)。

心臓バクバクですが、

行ったら楽になることも知っている。

…時間の経過⇒ここからafter歯医者。

痛み止め飲んでも痛い(涙)

年齢を重ねる=首から上にお金がかかる。

これ、真実です。

今週もどうぞよろしく。

 

 


 ☆・:+:。+・。

 

 


先日、珍しく吉本ばななさんの本を読んだ。

「イヤシノウタ」書き下ろしエッセイ集。

その中の一節に衝撃を受けた。

『自分の孤独は自分のことで頭をいっぱいにしていたら

決して埋めることはできない。他者を愛することでしか

人は自分を満たせない。』

人生の中でいきあたらなかった考え方。

ばななさんは出産のbefore/afterで

「さびしさ」の違いをこう表現しているけれど、

出産未経験の私であっても、すっと肚に落ちた。

彼女は、そこから自分を愛して受け入れて、

が始まったのかなぁと想像したり。

こころに沿った飾り気のない、でも、

美しい文章を読むと、こころの扉が開いて

風通しがよくなる瞬間がある。

この本もそんな一冊だった。

 

 


 ☆・:+:。+・。

 

 


さて。

「コミュニケーションに難あり」

クライアントのみなさんからよく相談をされる。

社内の問題児、気難しいひと、

新人、就活やアルバイトの学生さん。

言葉で説明してもうまく伝わらない、理解されない。

予想だにしない反応が返ってきたり。

 

 


コミュニケーション能力開発講座とか検定、

世の中にはいろいろあるけど、

まずは、小説を読もうよ。

日本語の力をつけよう。

小学三年生から英語を学ばせる、それもわかる。

でも、そこじゃないよねー。

日常的にビジネス書を読むひと、

受験勉強にいそしむひとは、

小説の類を敬遠する人が多い。

現代国語で小説を読む面白さを教えてないもんね。

だいたいですよ、

現代国語の試験には、

著者本人に確認したわけでもない

「著者の意図はどれ?」という設問と、

勝手な解釈の正解がいまだにあるんだろうね。

これ、意味あるのかなぁ?

小説は、想像力の翼を広げるものなのに

正解を作ってどうするんだろう。

国語ができないひとは

コミュニケーションがうまく取れない。

これ、9割がたあたっているよ。

自分の思ったことをうまく伝えられない、

相手の言い分がわからないから理解できない。

接客が要となるポジションなら当然、

事務職であってもひとを雇うなら

国語力の試験は必須だと思う。

想像する力、考える力、表現する力、思いやる力。

すべて基礎は国語じゃない?

 

 


誰かに自分の意見を伝えるとき、

相手の受け取り方を想像できないと

話をこじらせたり、怒らせてしまうことがある。

そんなつもりが当人になくても

言葉を知らない=思慮が浅いまま、

意見をぶつけることになりかねない。

いい意見であっても

相手の感情にさえぎられて終わってしまう。

そういうもったいないケースをたくさん見てきた。

「もう少し、言葉の使い方を知っていたら…」

何度そう思ったことか。

アートであれば言葉が不要な場面がある。

でも、お金が介在するビジネスシーンで

最初の場面に必要なのは「言葉」でしょ?

 

 


若い人たちどころか、オトナであっても

コミュニケーションが下手なのは

国語を粗末にしてきたからとしか思えない。

国語力=日本語を使う力をみなおそう。

他国の言語をマスターするためには

母国語がしっかりしていなければ身につかない。

そのためには小説です。エッセイでもいい。

そこから純文学にも古典にも

興味が生まれれば辿りつく。

生まれなくてもいい。

活字に親しみさえ感じることが出来たなら

絵本の世界でさえももっと広がる。

絵本の簡単で短い文章ってね、

言葉の裏にたくさんの思いが込められているから

読めば読むほど味が出る。

長い期間を置いて読み返すと

まったく意味が違う本になる場合もあるね。

 

 


 ☆・:+:。+・。

 

 


言葉を知ること、発することをあきらめないで。

思考も哲学も「言葉」から始まる。

感情は言葉より先かもしれない。

それでも、感情を理解するための言葉があったほうが

より多くのことを理解できるよね。

 

 


いくつからでも遅いということはない。

本を読もう。

こころに訴えかけてくる、

そんな本を読んでほしい。

私は、ひとりのときも

ひとりじゃないときも

孤独に追いつめられる夜も

世界中の愛を感じる朝も

たくさんの本や言葉に救われ

抱きしめられてきたよ。

思考の幅を広げてくれたのも本だった。

いい文章に出会うとね、

ガラスの鈴が鳴るんだよ。

いつか、この音があなたの胸にも

鳴り響きますように。

 

 


 ☆・:+:。+・。

 

 

【おしらせ】

4月はトークライブ三本お届けします!

一本目:阪本×由歌利、二本目は佐久真一さん×由歌利、

三本目は吉武大輔さん×阪本×由歌利!!豪華絢爛w

 

【2017年・由歌利塾】

横浜・残4席。開催場所は「みなとみらい」至近です。

http://www.yukari-way.jp/archives/3707

 


4/2:【阪本啓一×小室由歌利 JOYとWOWと笑いがいっぱいのトークライブ!@大和・神奈川】

私たちが話すことなので、むっちゃタメになるはずです。

が、それ以上に笑えてしまうかもしれないww

どこにいっても脱ぎっぷりよくあらゆる話をしてきた私ですが、

初のJOYWOWそろい踏みトークライブだし、

さらに!双方向での本音がきけるレアな会になるね。

来ないと損するレベルだよ。

https://www.facebook.com/events/1847918508782044/

IMG_6348j

普段の阪本と私は、ひとからみたらこんなイメージなんじゃないかと(笑)夢の増毛してみましたw


【小室由歌利×佐久真一 2017トークライブ in Nagoya】

JOYWOWが長いお付き合いをしているクライアント社の社長とのトークライブ。

これ、プレミア感満載&プライスレス!

まだ内緒なんだけど…

佐久さんの会社、大きな賞の受賞が決定しちゃったし!

10年前の佐久さんと、今の佐久さんは…ある意味別人。

経営者の孤独の正体、

ひとを育てることは自分育てであることとか、

山盛りの本気裏話(笑)と本音トークで

「この会社に子供を入れたい」と直談判される会社の社長に

どうやって成長したか、どうしたらなれるのかがわかります。

https://www.facebook.com/events/1144152572379302/

佐久さんと、二年ほど前の一枚です。

佐久さんと、二年ほど前の一枚です


4/26:【阪本+由歌利+吉武大輔トークライブ@那覇】

那覇で、この三人がなにをしゃべる?

自分で言うのもなんですが、すごいことなんです。

この三人に一度に会えるなんて。(ほんとに!)

当事者の私がわくわく♪

詳細が決まり次第お知らせするねー。

4/26、夕方から時間を空けておいてね!

だいちゃんと阪本くん。阪本の息子くんとだいちゃんは同い年!いいね!

だいちゃんと阪本くん。阪本の息子くんとだいちゃんは同い年なんだよね!


LOVE & HUG:-)**

──────────────────

このBLOGには掲載していないオマケ話をメルマガに載せています
オマケのほうがオモシロイらしいけど、これは講読してくれている方へのなので
ここには掲載していません。
読みたい方は…メルマガを登録してね
携帯メルマガという名のPCでもスマホでもガラケーでも受け取れるメルマガです⇒ここ♥

──────────────────

 

次回配信は3/6(月)あたり

月前半は那覇で少しだけゆるむ。

バックナンバー⇒http://www.yukari-way.jp/archives/category/k-mail-bn

登録・解除はこちら⇒https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=yukariway

 

LINEで送る

No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing