自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#204 *SPICE OF LIFE*「右でも左でも」

このBLOGには掲載していないオマケ話をメルマガに載せています。
大きな声で言えないコトとかw読みたい方は…メルマガを登録してね。
携帯メルマガという名のPCでもスマホでもガラケーでも受け取れるメルマガです⇒ここ

——————————————

こんにちは、由歌利です。

今日も梅雨の晴れ間。

というか、雨、あまり降らない。

さてさて、このまま週末からも晴れますように。

なんたってJOYWOWの周年パーティーが

待受けているからね!

今日もいい日!

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

右にいったら危ないよ。

転んで怪我するよ。

ほらほら、落とし穴が見えているでしょ?

怪物も出てくるよ。

ほんとに左の道にしたほうがいいよ。

 

 

あまりに危なっかしいから

ついアドバイスをする。

 

 

右の道に行こうとしているそのひとに

よく知る右の道の険しさを説けば

「そうですよね」と答える。

でも。

十中八九、やっぱり右の道を選ぶんだ。

 

 

危険なほうを選んでしまったその友に

あなたなら、どんな言葉をかける?

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

いいんだよ。

右の道で。

それが最高最善の道なんだもの。

どんなひとも

痛い思いをするために一方を選ぶわけじゃない。

考えた末のことだもの。

だから、いいんだ。

 

 

すべてのことは「いま」に繋がる通過点。

イイコトも悪いことも

振りかえれば「そういうことだったのか!」と、納得がいく。

私も、若い頃に「やめればいいのに」と

周りから心配されるようなことさえも

「だって、でも」と呟きながら

突っ込んでやっちゃった日々がある。

なぜか?

簡単なこと。

幸せに、人生の成功者になりたかったから。

「他人がうらやむような幸せ」を手にしたかったから。

自分が誰なのかを知るためには

他人からからどう見られているかを

知るしかないと思っていた。

私の価値、

その判断材料は「手にするお金」。

しあわせ=豊かさ=お金。

 

 

浅はかといえば浅はかだけれど

しあわせ、豊かさの意味も価値もわからなかった。

そんな、あの頃の私がいるから、

いま、この私がある。

 

 

ひとからどう見られているかなんて

ほ・んとに、まったく、

どうでもいいことなんだけどね。

それが理解できるまでには

しばらく時間と経験が必要なんだもの。

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

思った通りにはならなくて

苦しくって辛くって息が上がっても

それが、いい。

自分で選んだ道だもの。

きっと学びや成長、大事なことを教えてくれる。

 

 

外野が出来ることはね、

そっと見守るくらいだよ。

喉が渇いて倒れそうなときに

木陰に置いた椅子に誘い

美味しい水を差し出そう。

右か左かともう一度問われたら

「私なら左を選ぶかな」と

笑顔で答えてあげればいい。

 

 

自分で経験しないと

納得なんかできないね。

火に手を突っ込めば火傷する。

先回りして教えるよりも

火傷を経験して理解する道もある。

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

選択した道が正しいかどうかなんて

誰にもわかりはしない。

未来を予知したところで

その先はまた変わる。

 

 

正しいことより、

いま、やりたいこと、進みたい道を選べばいい。

ショートカットなんてないからさ^^

痛い思いも宝物。

ただね、選んでいるのは自分だよ。

そのことだけは忘れちゃいけない。

誰のせいでもないからね。

みーんな、しあわせになりたくて

自分のいまを決めているんだもの。

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

頭をぶつけて

転んで

泣き叫んで

ジタバタして。

だからこそ生きていることが

鮮やかに、カラフルに

色づいていく。

 

 

小利口に正しくなんてならなくっていい。

人生はさ、

豊かさとしあわせの意味を

ちゃんと理解できるようになっている。

だいじょうぶ。

その道で、いいんだよ。

860c18453929dddfab51e84306a10bd2

LOVE & HUG:-)**

■次回配信は6/15(月)☆11時頃です。

週末からJW沖縄weekのため、8日はお休み。

■メルマガ登録・解除は⇒こちら

No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing