自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#192 *SPICE OF LIFE*「思い込みの檻」

ここには掲載していないオマケ話をメルマガに載せています。
本音の上のすっぴん話。読みたい方は…メルマガを登録してね。
携帯メルマガという名のPCでもスマホでもガラケーでも受け取れるメルマガですここ

——————————————

こんにちは、由歌利です。

那覇か?と勘違いするような陽気の横浜、

春というより雨の予感かな?

温暖化とはいえまだ2月だもんね。

寒暖の差には慣れ親しんでいるとはいえ、

生ぬるい風にちょっと調子狂う。

さてと、今週も楽しくいこう!

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

昨日、夫が高校時代の友人と34年ぶりに会い、

流れで一時間半ほど一緒に飲むことに。

私も学年一つ上とはいえ、同じ高校出身。

ちゃんと彼らの顔に見覚えがあるわけ。

「そうそう、こんなひといたーーー!!」みたいな(笑)

共通の知り合いの話にも花が咲き、夫は超ご機嫌♪

 

 

私は彼らに「変わったねぇ、わからないよ」と言われたの。

そりゃそうだ。あの頃の私…うん!

ぱんぱんにはちきれそうな感じだったもんw

(ここで17歳の水着姿披露する?って一瞬思ったけど
さすがに恥ずかしすぎるからやめるw)

ひとの面影は変わらないとはいえ、確かに私は変わったんだろうなぁ。

 

 

ひとは、変わる。

というか、気づいて変わっていくんだよね。

脱皮に近い感覚かもしれない。

うん、そうだ。

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

若い頃に起こる何かのきっかけで

「○○してはならない」とか「自分は○○である」と

素直な感性が自分にインプットをする。

たとえば、自分から発言してはいけないとか

怒っちゃいけない、前に出てはならない…

自分は弱い、ひどい、暗い、冷たい…

というような、ネガティブなこと。

まっさらなココロに植え付けられるそれは

自分でも気づかぬまま、「個性」という名の杭、または地雷になる。

「しかたないよ、性格だから」とかね、

言うようになっちゃうんだよなぁ。

 

 

かくいう私もこういう地雷をたくさん持っていた。

ひとつわかりやすい例を挙げるのなら、

「私は太っている」という意識。

前述した高校時代の私、「はちきれそうな」ってやつねw

いや、事実そうだったの。

亡母がとても細い人で、いつも母自身に比べられ

「おまえはほんとに足が太い」などと

肉体的特徴について揶揄され続けたわけ(^^;

どれほどマジに痩せている時期でも、

「私はデブである」という意識は消えなかった。

必要以上に過敏になるんだ。

腫物がココロの内部にできるというか。

ほんとに怖いよねぇ。

年を重ねていけば、細すぎる外見は老けに繋がる。

老けどころか貧相になる。

呪縛から完全に抜けたとはいいがたいけれど

まぁ、自分で気づく程度になっているので

現在は過去の笑い話になっている。

 

 

と、話を元に戻そう。

 

 

ひとは思いもよらないところで、

すごい思い込みを持っていたりする。

その思い込み一つにつき、ココロにひとつ鍵がかかる。

親が、家族がこういった、友達にああいわれた、とかさ。

簡単にいえば、むっちゃ傷ついてるんだ。

その傷に対して無防備すぎるから

治し方もわからず受け入れてしまう。

でもね、ひとは気づいていくんだな。

きっかけさえあれば、過去を振り返って、その大元に辿りつく。

あの瞬間、あの言葉…。

そうするとね、早いんだよ。

人生に対するシフトチェンジが。

それまで灰色だった人生が色付きになっていく。

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

変わりたくない、そういうひともいる。

手の中に大事に大事にしていたものが

こぼれ落ちていきそうな気がするんだろうね。

でもさ、変わらないもの、変わらないひとってあるのかな。

なにより人が持っている、その大事なものって何だろう?

持っているような気がするだけで、

何も持っていないんじゃないんだろうか。

 

 

変わることを必要以上に恐れないで。

気づく瞬間は宝物だよ。

次のステージへのプラチナチケットなんだ。

ひとは「変わること」が必要なんだ。

そのままでいいちゃいけない、というつもりはない。

ただね、変わろうとするそのひとを

引き留めてしまうのはもったいないよ。

だってね、変化って成長だもの。

子供が、家族が、友人が、会社が、社会が…。

いいじゃない、変われば。

変化の流れは止められない。

まだ見ぬ世界は必ず、新たな視野と喜びを運んでくる。

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

変わるってね、思い込みの檻を破ることなんだ。

自分の中にある、

他のひとから植え込まれた常識という偏見を捨て

自分の軸をより明確にすること。

そしてね、少しずつ

自分を好きになるってことなんだよ。

564e4c0b9f7dbf53485c507814ae67d8

LOVE & HUG:-)**

■次回配信は3/2(月)☆AM11時頃です。

春の足音、きこえた気がする。


No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing