自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#190 *SPICE OF LIFE*「 HAPPY BIRTHDAY 」

ここには掲載していないオマケ話をメルマガに載せています。
本音の上の本音話w

読みたい方は…メルマガを登録してね。
携帯メルマガという名のPCでもスマホでもガラケーでも受け取れるメルマガですここ

——————————————

おはよう、由歌利です。

昨日今日と、とても寒い!

11~12度という数値、ここでは厳冬。

先週の新潟ではさほど寒さは感じていないのに。

着ているものを差し引いて考えても

体感覚というのはおもしろいね。

住む・居る場所によって感覚が変わる。

カメレオンは不思議だと思っていたけれど

ひとも同じようなものなのかも。おもしろい!

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

先週、新潟で53回目の誕生日を迎えた。

(お祝いのメッセージをくださった方、ありがとうございます!)

忙しい中、一緒にいた面々がサプライズで

生まれた日を祝福してくれた。

これには、ただ感謝!!

53才といえば、中年と呼ばれる部類、

なかには初老と呼ぶ不届き者さえいるしw

でも、若い頃には確かにそう思っていた。

亡母が加齢していくさまを思い出すと

「年を取る」ということを「負」として捉えていた私がいる。

スコシカナシイ、そんな人生を選んだ母だったから。

 

 

それにひきかえ。

私はやっぱり今年も誕生日が嬉しい。

年を重ねること、

肌の張りやら体力は右肩下がりとはいえ

理解力、知識や許容量等々いまだ成長を続け

なによりシンプルに、自由に、

生きることを楽しむ力は急カーブで右肩上がり。

 

 

一方、若い頃は不自由だったなと思う。

(※若い頃=10代~40代まで含む)

比較の時代であったし、自分を知らずに生きていた。

つもりのないままひとを傷つけ、同じだけ傷つけられ。

相手、そして自分の傷の治し方も知らず、

ただ、通り過ぎてきた。

たくさんの痛い思いを重ねて「いま」がある。

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

なんていうのかな、

年をひとつ重ねるということは

またひとつ優しくなれるということなんだ。

自分の、ひとの、どうしようもない愚かさやちいさいところ、

こわがりで、かたくなで、わからずやなところ、

傷つけあったり、怒ったり、泣いたり、

そんなネガティブなことがぜんぶ、ぜんぶぜんぶ、

生きていくうえでの大切なマイルストーンなのだと

理解できるようになってくるから。

 

 

特別なひとなんかいないんだ。

みんな口に出せないから、

自分だけがものすごく負を背負っていて

ひとに言ったら嫌われる、嫌がられると思う。

大小の差はあったとしても、同じなんだよ。

成長過程や性別・性質の差で

越えられる事柄の大きさが違っても

受ける衝撃や感情の振れ幅は一緒なんだ。

 

 

痛い・かゆい・寒暖とか、体感覚が違うのと同じこと。

いま、辛い、へこんだ思いにとらわれていても

どれだけ悲しい過去に縛られていても

逆に、しあわせの絶頂でも

それはね、特別なことじゃない。

病名つけたり、べきべき論で固めちゃったりするけれど

いたってあたりまえのことなんだよ。

生きていくってことはさ、

いつかそれが「みんないっしょ、おなじ!」なんだってことに

気づくためにあるのかとさえ思う。

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

ひとはかなしくて、不器用で、こわがりで。

だからこそ、とてもとても愛しいイキモノなんだね。

回り道もするし、自分から落とし穴にもはまる。

それでいい。

ほんとに、それがいい。

失敗できる自分を、生き方を

ちょっとでいいから認められたら

それだけで明日がすこし楽しくなる。

 

 

無理しなくて大丈夫。

50を過ぎたら少しずつ、

「あれ?」「おや???」と

そんなふうに思うようになるからさ(^_^)

とってもそんなことが起こるなんて思えない若いみなさん。

だいじょーぶ、必ず年は取るからねw

どうせなら、重ねた年を愛しもうよ。

3964d2299aefe5ff86fef722ede5388f

 

LOVE & HUG:-)**

■次回配信は2/15(日)☆夕方です。

2月はめちゃハードなスケジュール♪


No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing