自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#188 *SPICE OF LIFE*「奇跡の扉」

ここには掲載していないオマケ話をメルマガに載せています。
近頃、オマケ話のほうに力が入っているかもw
読みたい方は…メルマガを登録してね。
携帯メルマガという名のPCでもスマホでもガラケーでも受け取れるメルマガですここ

——————————————

おはよう、由歌利です。

ひとに会い続けた2015年最初の出張を終えて

那覇に戻ったら暑いのなんの。

沖縄に「おかえり」のアツいHUGをされた感じw

戻ってすぐ外出、ヘロヘロ&腹ペコになり

昨夜はそのままtoricoで晩ご飯。

あ、今夏のJOYWOWパーティーは6/6(土)、toricoでやるよ♪

翌日はもちろんナガンヌ島。

いまからすでに楽しみ^^

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

土曜日の鎌倉お話会で最初に伝えたこと。

 

 

生き方には二通りしかありません。

奇跡はどこにもないという生き方と、

すべてが奇跡だという生き方です。

 

 

これ、私の愛するアインシュタイン先生のお言葉。

生きている瞬間は、すべて奇跡の連続。

あれれ~?と思うことや

なんでこんなことが起こるのっ!!ってことも

すべて奇跡の一部でしかない。

私はそう信じているし、真実だと思っている。

ポイントはね、それを奇跡と受けとるかどうか、

目の前に転がってくるチャンスを

チャンスとして捉える勇気があるかどうかなんじゃないかなぁ。

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

「奇跡なんか私の上には起こらない」

私にもそう思っていた時代がある。

出張前に本棚の整理をしていたら、30才になった頃に

青山の路上で取材された新聞の切り抜きが出てきた。

その中に

「このままでは終わりたくないんです。

いずれはニューヨークで仕事がしたいですね」

という私の言葉があった。

アイタタタタタタ~、である。

あの頃の私は、目の前の現実をすべて

「いやだ」と思っていたんだよ。

「私の求めているものはこれじゃない、ちがう!」と

そう思っていたからこそのセリフなんだ。

毎日や周囲の人に感謝を感じるどころか、

思い通りにならない人生に地団太を踏み

明るく元気な私という仮面の下で、

内心は自分と運命に「逃げない、負けるもんか」と拳を握りしめ、

最後には絶対笑って死んでやると誓っていた。

 

 

あー、イタイ、イタイ(苦笑)

そう笑える今でよかったよ、ほんと。

いまならわかる。

あの頃はね、自分軸じゃなかったんだ。

実際はね、仕事もそこそこ楽しかったし、

バブル崩壊を肌で感じることもなく

いいことだってたくさんあった。

にもかかわらず!

誰か、とか、なにかのせいで自分が妨害されている、

行く手を阻まれていると思っていたんだね。

すべてがうまくいかないと感じていた。

なにかのせいにしていたら、

なんにも気づけなくて当たり前なんだけれど

あの頃の私にはわからなかったんだ。

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

いま、自分の人生を「ちがう」と思ったり

全てが無意味、やる気が起きない、

逆風が吹いている、

奇跡ってなんだよと感じているなら

それはさ、「自分」を受け入れていないからだよ。

「自分」っていうのは、目の前に広がる現実をふくめてのもの。

そのいずれか、またはすべてを

見ること、受け入れることが怖いからなんだろうね。

 

 

チャンスはね、平等に目の前にやってくる。

自分、そして現実から目をそらしていたら

チャンスに気づくことはできないよ。

注がれている愛にも好意にも気づけないのは

自分に背を向けているからだもの。

 

 

 ☆・:+:。+・。

 

 

自分と現実を受け入れないのは「怖い」から。

なぜ怖いのかといえば、体験したことがないから。

あのさ、体験したことがないなら

怖いかどうかなんてわからないでしょw

もしかしたら…とっても気持ちいいことかもしれないよ。

 

 

自分だけが正しいわけじゃない。

あなたは世界すべての問題に応えられる正義じゃない。

そうある必要もない。

目の前のひとのやさしさを受け入れてみる。

言葉をこころに繋げてみる。

そうするとね、奇跡の扉がそっと開くから。

30才のワタシ

30才のワタシ

LOVE & HUG:-)**

■次回配信は2/2(月)☆AM11頃です。

沖縄はあたたかい!


No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing