自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#168 *SPICE OF LIFE*「ワークとライフ…?」

※ここには掲載していないオマケ話をメルマガに載せています。
ゆるい私的なことから、ド本音トークまでw

読みたい方は…携帯(のわりには長いけどオッケーな)
メルマガを登録してね。⇒ここ

——————————————

おはよう、由歌利です。

8月も半ばになってくると秋を先読みしだす感覚ってない?

自分事ながらよくないなーと思う。

今、目の前にある「夏」を横に置いて

夏が終わる、秋が来て、冬が来てあ、ダウン出さなきゃ…とか(笑)

あー、やめやめ、こういうの!

いまだよ、いま!ね♪

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

昨日はウークイと呼ばれる沖縄旧盆行事、

ご先祖様を送り出す最も大切な〆の一日だった。

所用があって街中に出たのだけれど、

まぁ、閑散としていることといったらない。

昭和生まれだし、それなりにお盆経験はあるけれど

沖縄のそれとは似て異なる。

沖縄のお盆は「夏休み」ではない。

絶対にはずせない行事、忙しい、妥協もない。

百貨店も、年末年始も休まず営業しているゴルフ練習場も

ご先祖様を送り出す時間に間に合わせるため

夕方6時になればシャッターが下りる。

中日のナカヌヒーは、お中元をもって親戚への挨拶回り。

原則手渡し、クロネコさんの出番はない。

タイムスケジュールをつくり、どこまででも行くのだ。

エイサーもね、本来は盆踊りなんだよ。

町の青年会がご先祖様のために踊りながら町内を練り歩く。

 

 

私も夫も横浜出身なので、

生きている人間の都合で日程を変えるし

場合によってはお墓に参れないこともあるお盆。

昔は、茄子ときゅうりでご先祖様が乗る乗り物を作り

提灯を出し、迎え火・送り火炊いて…なんてやっていたよね。

核家族になる、伝統が廃れていくって

こういうことなのだとウークイに実感した。

 

 

家族って、なんだろうね?

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

さて。

ワークライフバランス(WLB)というカタカナが

ビジネスシーンに出てくるようになって久しい。

私自身もクライアントさんたちとWLBについて長く話し合ってきた。

そもそもWLBとは

『仕事と仕事以外の生活を調和させ、性別・年齢を問わず、

誰もが働きやすい仕組みをつくる』ということなんだけど、

最近ほんと違和感あるんだよ、これ。

仕組みって何だろう?制度?

産休、育休、介護休、自宅勤務、時短労働?

パワ&セクハラ、心の病の相談窓口?

これが全部整っていたらハッピー?

…ほんと?

 

 

WLBって「仕事」を中心にした考え方なんだよね。

専業で家事をするひとがWLBを口にすることはない。

そもそも家事に休暇や権利主張はないんだもん。

最近は労働人口減少が始まり、高齢化社会になり

女性の労働力活用だ、もっと産めとか、いわれるでしょ。

楽しくないよね、こういうの。

語弊あるかもだけど、バカみたいだと思う。

働きにくい社会環境は30年前も今も変わっちゃいない。

女性だけじゃないよ、ある意味男性の労働環境も。

ほとんど変化していない。

 

 

変えなきゃいけないのは制度や会社、国じゃない。

組織、働く人だけではなく、

まず、いま生きて生活しているひとたちの意識でしょ。

私も含めた社会に属しているオトナのココロにある

凝り固まった、あたりまえになっている偏見や差別。

※偏見や差別なんてない、と思っている人へ

あるよ、あなたの心の中に。私の中にもある。

そもそも日本という島国で生きて生活してきたんだもの

気づかないだけで、そんなのあったりまえにあるからね。

別名、「常識」っていうんだよ。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

仕事は楽しいものだよ、本来は。

同じくらい家事も楽しいよ。

誤解を恐れず、ざっくり言う。

同僚、クライアント、仲間と過ごす時間と

家族、ともだちと過ごす時間に何の違いがあるんだろう?

責任もお金も、遣うココロも体力も

なーんにも変わらないと思うけれど。

つまらなくしているのは会社や上司や家族のせいじゃない。

凝り固まった考え方から生まれ出る自分の気持ちでしょう。

 

 

向き合い方、一度考えてみようよ。

仕事に対して。

家事・家族に対して。

自分の時間、生き方に対して。

 

 

どれもこれも分割したり、力を抜いたり、捨てられるものじゃない。

100%でやらなきゃつまらない。

どれもこれも自分の人生だもの。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

楽しもうよ。

仕事を遊び、

家事を遊び、

なにより人生を遊ぶ。

 

 

いま

自分の周囲にいるひとたちと

どんな関係を創っていきたい?

そのために生まれてきたんだよ、私もあなたも。

LOVE & HUG:-)**

■次回配信は8/18(月)☆11時です。

8月、まだまだあそぶよ!


2 comments

  1. 初めまして
    働く女が幸せになるための60の約束
    拝読させていただきました

    ありがとうございます

    コメント by Kayoko Nishimura
    2014年8月25日 at 10:15 AM

  2. Kayoko Nishimuraさん、ようこそ!

    本を読んでいただいたとのこと、そしてコメントを残してくださったこと、ほ・んとに!!むっちゃ嬉しいです!!ありがとうございます。

    これからもどうぞよろしくお願いします。

    コメント by 由歌利
    2014年8月25日 at 11:44 AM

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing