自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#127 *SPICE OF LIFE*「かっこよく行こう!」

※ここには掲載していないオマケ話をメルマガに載せています。
それなりにおもしろいと思うw
読みたい方はメルマガ購読してね。
ここ

———————————————

おはよう、由歌利です。

空高く、湿度の低い朝。気持ちいい!

さて、と。

「・・・・・?」←(何を書こうか考え中)

「!♪!」←(題材、見つけた瞬間)

はじめるよー^^

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

昭和という高度成長期の時代、

お金と欲と汗と叫びが渦巻き、

子供は大人に相手にされず、ある意味置き去りにされていた。

いまみたいにどっちつかずじゃなく、

「稼ぐことが正しい」に振り切れていた日々。

 

 

その時代があるから、今の私が形成された。

周囲には生き様を教えてくれたオトナがたくさんいた。

善悪でなく、反面教師も含めて、

見本となる姿がちゃんと存在していたんだね。

ロールモデルや本、学校で学んだわけじゃない。

その時々の一個人の背中、身の施し方であり、発する言葉、

起こる出来事、その顛末から。

花柳界で仕事をし続けてきた叔母の家にいた頃

小学校に上がるか上がらないかの私が、日々受けた影響は計り知れない。

人間の喜怒哀楽、あらゆる感情が私の周囲に渦巻いていた。

その頃がきっとベースになってできあがったのだろうと思うけれど

私の中にいくつかの信条=鉄則がある。

 

 

◆一、ひとの間できれいにお金を使う

ここぞというときに出し惜しみをしない。

自分の財布の中身を使い切ることになっても、カッコ悪いマネはしない。

もてなすときには、最初から最後まで。

◆二、礼を尽くす

ひとに受けた恩は忘れてはならない。礼を欠いた人間になるべからず。

◆三、情けを忘れるべからず

目の前で苦しむひとをまたいでいく在り方をしてはならない。

◆四、嘘をつかない

自分の信念に反することはしない。

ひとを欺かない。大風呂敷を広げない。

◆五、情けないひとになるべからず

ひとに上下はない。尊大にならず、年齢や肩書で態度を変えない。

公衆道徳はわきまえ、ひとさまに迷惑をかけない。

◆六、見かけ、身の回りはきれいに

自分の身なり、生活の場の有り様は生き様と同じと心得る。

自分に構わなくなったらおしまいと思え。

自分の始末をできるひとであること。

◆七、場をわきまえる

いついかなるときも取り乱さずにしゃんとしていること

 

 

これ、いつも完璧にできているわけではない。

思い返して反省することも多々(-_-;)

なんたっていつまでたっても未完成な人間だし

失敗もするし、ドツボにもはまる。

ダメダメな自分にがっかりすることも少なくない。

みなぎる自信だってありゃしない。

だけどね、ひとつだけ決めていることがある。

ここぞというときに、矜恃(きょうじ)を忘れぬ自分であること。

周囲に育てられてきた、注がれてきた思いをちゃんと受け継ぎ

次の時代にバトンが渡せる私でありたい。

 

 

私ができることなんてたいしたことじゃない。

簡単にいえばだよ、ひとさまの家で靴をそろえ、

ごめんなさいとありがとうがとっても大事だよってことを

若い世代に真面目に伝えらえるかどうかってこと。

そしてね。

おばちゃんと呼ばれない、かっこいいオトナであり、

その自分を生きている限り更新し続けること、これに尽きる。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

一年前にfacebookにPOSTした文章がある。

—————————-

素敵でかっこいいover50才が増えたら

世の中ホントに楽しくって

住みやすくなるんだと思う。

真剣に、本気でそうだよと思う。

—————————-

 

 

かっこいいオトナには無条件で憧れる。

私もそうやって育ってきた。

自分がどうだかはわからないけど、

子供や若い人に見せられない自分ではありたくない。

世の中をよくしたいなら、まずは自分がかっこいいオトナを目指す。

なんかね、これしかないと思う!

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

もちろん、さらっとやりながら、水面下でバタ足しているところはみんなあるさ。

それでいいんだと思う。

ひとの真似でも、自分なりでも構わない。

いつまでも「ステキだね」「かっこいい!」っていわれる、

そんなオトナになろうよ。ね!

LOVE & HUG:-)**


No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing