自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#117 *SPICE OF LIFE*「扉を開く」

※ここには掲載していないオマケ話をメルマガに載せています。
読みたい方はメルマガ購読してね。

ここから⇒https://www.yukari-way.jp/k-mail

————————————

おはよう、由歌利です。

空梅雨の関東、今日は珍しく涼しい朝。

パーフェクトに外食続きの8日間を過ごし

お新香とお味噌汁、ごはんで一か月暮らしたい、

そんな夢を抱く月曜朝です。

今週は自分の胃に正直に過ごそうっと(^^;

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

週末、念願の鼓童(http://www.kodo.or.jp/)を

初めて観に行った。

胸に、腹に、どすんと響くだろうことは予想できていたのだけれど、

それを超えて、涙がこぼれた。

真摯に練習、いや、修行を重ねた鍛錬の結晶。

ひとが生み出す音、筋肉、体の動き。

再演されている演目とはいえ、一期一会の至高の時間。

国境も年代も越える文化的芸術作品だった。

 

 

感動すること。

こころに強く訴えるなにかが、自分にジャストミートするとき。

意味もなく涙が出ることがある。

2004年のアテネ・オリンピック開幕式の映像をみたとき。

シルク・ドゥ・ソレイユ東京シアター 「ZED」 の開幕の瞬間。

意識の外で泣いている自分に出会う。

なぜ?といわれても理由をうまく説明できない。

ただ、ぼろぼろと次から次へと涙があふれた。

 

 

一言で表すのなら「感動」したからなのだろう。

でも、日常生活での感動は即座に「感動した!」って

コトバに出てしまうようなわかりやすいことなんだよ。

それと対極にあるっていうのか、

よくわからない涙から始まる揺さぶられる体験。

本人の意識や思考より先に反応が起こる経験、ない?

これはたぶん、魂がYESをいっているんだと思うの。

こういうとき、感動とかキレイとかすばらしいとか、

そういう感嘆詞や形容詞では表せない、なにかこう

もやもやっとしたものが自分の中にある気がする。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

昔、日本でお勤めしていた20代。

けっこう笑えない時期があったんだ、私。

比喩ではなく、文字通りの意味。

職場の人間関係。

ちょっとしたココロの行き違い。

私生活での諸問題。

解決法もわからないオコサマだからねw

いろーんなことが重なって

表層の笑いはあたりまえにやっているのに

ココロの動きに連動した素直な笑いが

…できなかったんだ。

(いまだからわかるんだけどね)

 

 

たぶんね、つらくて、くるしくて。

でも、自分に負けたくない。

「だいじょうぶ!」

そうやって、ひたすら自分に言い聞かせていたんだ。

感情の扉、そりゃ閉まるでしょ(-_-)

こころの柔らかいところを守るために

必死にガードをする。感じないようにする。

通り過ぎるまで知らないふりをする。

気づいたら内臓まで硬くなっていたよ。

 

 

仕事上で感情を強烈に押し殺そうとした出来事があり、

そのときは真昼間に交差点で倒れ、救急車騒ぎに。

お医者様の診断は子宮内膜炎。

子宮内膜症は以前からだけれど、それで倒れるほど軟ではない。

こころの緊急閉鎖で酸欠=パニックになったのだと思う。

 

 

自分で強く「大丈夫」と繰り返すときってね

大丈夫じゃない場合がほとんどなんだよ。

そういうときは、叱咤激励ではなくて

ゆるめなくちゃいけないの、自分を。

ころの扉に注目してね。

蝶番が錆びるほど閉まりきっているでしょ。

油をさして、ちゃんと開くようにメンテナンスをする。

愚痴ではなく、文句や悪口でもなく、

本音を語れる相手と話をしよう。

たくさん話さなくてもいい。

浮かんだ言葉をポロリ、ぽつりと言葉にするだけでいい。

扉は、それだけでキィキィ言わずに開くようになる。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

ひとが抱く感情。

その感情を表すための表現。

方法はどんなものでもいい。

感情を表に出そう。

もっともっとシンプルに感じる。

言葉じゃなくて表情や涙だっていい。

こういう、あらわすことが

こころを「大丈夫」にする一番のクスリなんじゃないかな。

そう思うんだ。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

メルマガで私が訴えているいちばんのコト。

いつもいつも、いっつもいっている気がするけどw

素のままでいよう。

自分の中で感じるそのまんまでいいんだよ。

こんなこと感じたら変かな、とか、

おかしいとか、思わなくていい。

いいオトナなんだからとか考えない。

オトナは年を重ねれば重ねるほど経験に従って、

感受性が豊かになっていいんだから。

コドモの頃はよかったな…じゃなくて、

オトナになったからこそ味わえる

感情のひだやココロの機微、

行間を読み取れたりするの。

 

 

キーワードは一つだけ。

直感と直観。

あなたが感じるままでいい。

いいオトナは無邪気なんだよ、ほんとはね。

いつでもなれる、感じるままに素直になれば。

LOVE & HUG:-)**

 


No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing