自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#114 *SPICE OF LIFE*「自分ブランド」

※ここには掲載していないオマケ話をメルマガに載せています。
読みたい方はメルマガ購読してね。

ここから⇒https://www.yukari-way.jp/k-mail

————————————

しっとりとした雨の月曜。おはよう、由歌利です。

昨夜、6:20にかけたつもりの目覚まし。

鳴ったのは5:20(-_-)

起きようと思いつつ、瞬時考えて二度寝。

6:20に目覚めて、なぜか三度寝(^^;

うわーーーーっ!と起きたのは7:14だった。

自分を信じちゃいかん…とつぶやく朝の苦笑い。

今週も笑顔で過ごそうね^^

 

 

6月1日(土)JOYWOW8周年記念スペシャルイベント、

まだ少しお席がありまーす。

楽しくなければ仕事じゃないといいきるオトナが

ココロに直球のイベント・パーティーを仕掛けました。

重大発表?!に加えて、阪本とzonoのライブもあるんだよ^^

間違いなく楽しい!!お腹を空かせてきてね。

パパ・ダビデの料理がむっちゃ美味しい!!詳細⇒http://bit.ly/187PdIe

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

昨日は、セラピストのみなさんに向けたインハウスの

ブランドセミナー二回目だった。団体のブランドを構築しながら、

さらに個々人のブランド・デザインを進めている最中。こ

れはなかなかおもしろい試みなんだよね。

通常、団体のブランドは出来上がっていて、

それに沿って自分のブランドを作ってねと言われるものだから。

 

 

自分ブランドをデザインするということは

ある意味、自分が持っている

見栄やプライドを捨てていくことなんだ。

「こういう装いでなければらしくない」

「○○らしくするためには、こうあるべき」とか、ね。

そういうのつまらないよ。

掃いて捨てるほどいるもの。

 

 

政治家らしく、先生らしく、医者らしく、社長らしく。

なんだろうね、それって

「つまらない」の代名詞みたいなものだな。

せっかくの個性豊かなブランドを肩書が消していく。

肩書はわかりやすい符号ではあるけれど、

符号に浸食されては元も子もない。

私は代表取締役という肩書を持っているけれど、

コレに惹かれてよってきた人はまわりにいないと思う。

でも、私の肩書を知らない人ならたくさんいる(笑)

なんでもいいんだよ、らしくある必要はない。

 

 

なにかを「買ってもらうため」のブランドじゃない。

「買いたい!」と思わせるためのものなんだ。

より分かりやすく、

伝えたい人に伝え、

会いたい人に会うために

他との違いを明確にするためにブランド・デザインがあるんだ。

 

 

「買ってもらう」vs「買いたい!」

これ、大きな違いだよ。

 

 

☆・:+:。+・。

ブランド・デザインをするとき

やり方がわからないから

「似たような成功者(ケース)」に

あわせてしまいたくなるよね。

スタイルやメッセージ、見せ方。

そして、あり方までも。

なぜなのかといえば、怖いから。

誰にも見向きもしてもらえなかったらどうしよう?

…って思うからなんだ。

 

 

真似をするということは楽ちんだけれど

別の言葉に置き換えると

「埋もれる」ということなんだよ。

みーんな同じ顔に見えたら選びようがないでしょ。

というわけで、

「~らしく」したらよく見えるんじゃないか、

自分の怖さや経験値のなさをカバーして

お客さんがキラキラした目で見てくれるんじゃないか、

っていうのは幻想です。

アテにならないよ。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

まずは自分がなにをしたいのか。

どうしたらわっくわく♪になるのか。

シンプルにそこから考えていくほうが悩まない。

悩んで眉間にしわを寄せているひとがいるところに

ひとは寄り付かない。

にこにこ楽しそうな場所に吸い寄せられるもの。

無理にこじつけたり、あるものに合わせようとしても

それは他人の作ったものでしかないからね。

 

 

あなたというひとがそこにじっと立っている。

それがすでに個性であるということ、

覚えていてね。

それから。

怖さも幻想のひとつであることを付け加えておくよ!

LOVE & HUG:-)**


No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing