自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#86 *SPICE OF LIFE*「シンプルに生きる」

おはよう、由歌利です。

 

今日は、台風17号で「きわめて」緊張する体験をした9月末の停電の中、

手書きで書いた原稿をお届けします。沖縄の空は今朝も抜けるように青いよ。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

台風一過の沖縄の空。

何事もなかったように青く、どこまでも青く晴れ渡る。

9/29、15時過ぎ頃から台風の影響で一帯が停電となり、

一時30万世帯の明かりが消えた。(10/1現在3万件が今も停電中)

30日午前11時現在も継続中。

昨夜は風の音だけが町の中を駆け抜けていた。

いま、家々の窓やドアが開け放たれ、人々の生活の音が聞こえる。

そう、昔はこんな暮らしをしていたんだよ。

 

いつの間にか電化製品と電波に囲まれた日常を当たり前にすごし、

24時間繋がりっぱなしの生活になった。

 

昨夜、窓という窓を開け放ち、思いのほか心地いい風に吹かれながらぼうっと雲

に覆われた空を見ていた。

PCには返信を待つメール、デスクトップ上と現実のファイルには

〆切のある仕事が詰まっている。

いや、そんなことはどうでもいい。

なんとでもするし、できるんだ。

大切なのは、心が静かに凪ぐこの時間に私が存在していること。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

夜風と時間と暗闇に身を任せ、眠りに落ちた。

いたってシンプルなあり方に、ああ、けっこうどんな状況でもOKなんだねと、

妙に気持ちが落ち着いた。

 

陽の光で目覚め、家中を掃除し、

珈琲片手に窓辺の床に座って静かに世の中の音を聴く。

忘れていた感覚を身体が思い出す。

 

もっとシンプルでいい。

生きるということに付加価値や条件を付け過ぎているんだ、

すべてがありすぎる日常では。

 

ああじゃなくちゃダメ、こうじゃなきゃできない、

それじゃないと無理、あれ、それ、これ・・・・・・・・!!!

そんなことないんだよ。

なきゃないでいいんだ。

無理なら無理にしておけばいい。

 

モノに頼り過ぎたら本能が眠ってしまうね。

カラダ一つあればさ、シンプルに生きていける。

それだけだよ。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

電気が復旧すれば便利ですべてある暮らしに戻る。

でもね、ひとり台風とともに過ごした48時間に

すごく大切なことを教えてもらった。

 

上手く言語化できないのだけれど、

生きるということの本来の意味っていうのかなぁ…本質みたいなこと。

 

25才で脳膜髄炎で倒れたとき、責任者として複数のイベントを抱えていた。

 

意識混濁で自宅電話番号は思い出せないのに、

会社には間違えることなく一発で電話し、仕事の進捗状況、

段取を説明し「入院したので、とうぶん会社に行けない」

と伝えてこん睡状態に陥った。

 

眠りに落ちる直前に脳裏に浮かんだことをいまだに覚えていて、

昨夜それを思い出した。

 

「あーあ、仕事全部できないや。…なにもしない、

できないってこういうことをいうんだなぁ」

 

生きるってことはさ、きっとね、

もっと単純さが必要なんだよ。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

停電から26時間強、

昨日17時40分頃に電気が復旧。中秋の名月はひどく美しかった。

あたりまえに電気のある生活に感謝しつつ

シンプルな感覚を身体に刻み込み、

しっかりと仕事の遅れを取り戻す。

 

 

神無月の始まりだね。

 

由歌利

 

 

 


No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing