自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#95 「たくさんのLOVE*PART2」

お待たせいたしました、続きです!

 

☆・:+:。+・。

 

———-前略———-

 

うん、今だから言うけどね、主催者、チームの頭として、

ほんとにハラハラし通しで、どうやったら本気になってくれるのか、

まじに大丈夫なのか?と悶々とする日々だった。

式を挙げるふたりのために、絶対に失敗は許されない。

 

一生の思い出に残る日なのに、いやな思い出だけは持たせたくない。

来てくださるお客様に楽しんでもらうには…等々、ほんとに胃が痛かったw

 

こういう時に限って問題は起こるもので、

メンバーの一人にこれでもかというほどいろいろ起こり傷心しまくり、撃沈。

 

他のひとりは「言葉の意味合わせ」をしていなかったために意味を取り違えて、

撃沈。他にも諸々あった。

 

誰が悪いわけじゃない。でも、みんな気を遣いすぎて押し黙る。

一時は、パーティーを止めることさえ考えた。

 

でもね。

 

メンバー個々人はそれなりに悩み、「このままでいいのか、貢献しているのか?」

と考えていることもわかっていた。

 

言いたいことは言う。でも、待つ。そうしようと思った。

だてにここまで一緒にやってきたわけじゃない、

きっと大丈夫。私の仲間、教え子であり、可能性は大きい、必ず気づく。

その一点に掛けた。

 

パーティー当日の朝9時。

六本木に集まったみんなの顔を見た。

「いける!」ってことがよ~くわかった。

それぞれの決意が顔に表れていたんだ。

緊張とやる気と成功させたいという思いがみなぎっていた。

そして、開始。

 

私はひたすら会場を駆け回り、参加者の触媒担当、

前に出て話もしなければならなかった。

でもね、メンバーのおかげでその役に徹しきれたんだよ。

な~んの心配もなかった。それぞれが無言で助け合っていた。

そして、参加してくださった方々が楽しんでいる様子と熱が伝わり

もう、ほんとにほんとによかった!!

やることをとことんやるだけ。

そう思えたのはMJBメンバーのおかげ。

間違いなく彼らは成長していた。

チームとしても、個人としても。

 

手前味噌だけれど、私は彼らを誇りに思う。

仲間を、チームを助けるためにやり抜いたんだもん。

私が思っているよりずっといろんなことを感じてくれていたんだ。

ほんとに、ありがとう。

よくやった!!

 

なによりも、参加してくださったお客さま方に心からの感謝です。

私たちの企画したパーティーを味わい尽くしてくださってもう、言うことはありません。

企画側だけではパーティーは作れない。

参加してくださる方々の気持ちがのってこそのものだから。

みなさんが来てくださるという事実が、MJBメンバーの結束をも固めたのです。

メンバーを代表して、もう一度。

本当に、ありがとうございます。

まだまだ若輩者ばかりです。

でも、私の大切な仲間です。

私を含めまして、メンバーをこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

チームリーダー、プロジェクトのマネジメントをされているみなさん。

メンバーを信じてあげてください。

やらせてみてください。

彼らはきっと気づきます。

あなたがきちんと背中を見せて動いているなら。

彼らはきちんと考えています。

必ず成長していくはずです。

 

もしもチームがうまく機能しなかったとしたら。

ご自分を省りみてください。

彼らにだけ非があるわけじゃないはずです。

あなたの中にあるなにかが邪魔をしているのです。

 

 

☆・:+:。+・。

 

やっぱ、この世は愛だよ、愛!!!

 

 


No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing