自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

年上の女性に知り合いいる?

もうすぐ7月。はやいね、あっという間に2012年も後半戦。

 

今日は夕方からZOEで髪のメンテナンス。

その後、代表である森本美紀さんと恒例の密談ディナー(笑)。

行こうと思っていたお店が満席で、冒険だけれど、新しいお店にトライ。

 

おいしかったよ、とっても。掛け値なく、ほんとに。

男性5名で回しているオープン二か月目の定食型レストラン。

きれいだし、接客も近すぎないフレンドリーさで感じもいい。

完全禁煙、美しい内装、トイレも最新式で女性が心地よく入れる。

若い女性と、その女性に連れられてくる男性がメインターゲット。

狙いは間違えていないね。そこそこ入るかもしれない。

でもね…残念だけれど…二度目はないなぁ。

 

かけてもいい、あそこは男性目線で作られた店。

女性の意見はほとんど取り入れられていない。

サラリーマンをやっていたであろう私と同年代の男性が

飲食業に初めて乗り出した感じ。

接客、トイレのアメニティー、インテリアの細部、

すべてが男性目線。女性にとって居心地がいいわけではない。

あのお店を作った男性は「自分で何もしたことがない」はず。

お金には困っていなかったし、育ちもワルクナイ。だからかな、

自宅で生活雑貨、もしかしたら自分の下着や靴下も含めて

自分主導で必需品の買い物をほとんどしたことがなく

女性を本気で喜ばせるためになにかをしたこともないと思う。

(本人は自分はきちんとやっていると思っているはず)

 

接客されていて、こちらが気を遣うんだ。

店側にこれといった落ち度がないのに。

 

運営とホールにプロフェッショナルがいない。

バランスが悪いんだよね。

言葉が悪いけれど、素人さんがどんくさいなりに一所懸命やっているわけ。

それなのに目線の高さが随所にうかがえる。

「ベストを尽くして品を大切にした、これが当店流です」みたいな。

おいしかったんだけどな・・・

でもね、おいしいだけじゃ魅力は感じられないね。

 

完璧がほしいわけじゃない、でもさ・・・

「ボク、がんばったんだよ。褒めてよ」が何度も伝わってきたの。

ようするにね、レベルの高い学芸会を見せられてしまった苦さを感じたんだ。

 

****

 

さてと。

これ、ひとにも十分あてはまるんだよね。

一所懸命やっているのになにかつうじていない、

どこかしら追いついていない気がする。

核心を外しているのか、自分が足りないのか。

いったい自分はどんな人間なのか。

このポイントは「素人目線」=「自分only目線」じゃ絶対にわからない。

いつかは自分で気づくかもしれないけれど、何十年か先かな。

経験が伴っていないなら、誰かに指摘されるしかない。

いいところも、滞ってしまっている部分も

本音で本気でつきあってくれる相手の前に立てばいい。

思い違いや、独りよがりがすとんと落ちるから。

 

上に説明したお店のようにちょっとした解釈の違い、

思い込みで結果をだいなしにしてしまうかもしれない。

このお店を(いい)評判の店にすることは、ほんとに簡単なことなんだけどね。

来てくれたお客様の目の動き、会話、そんなところから読み取れることは

たっくさんあるんだけどな。

 

誰にも何も言われなかったのかもしれない。

というか、普通、誰も面と向かって言ってはくれないものだものね。

知らなかった自分が見えていくってことは、怖さが薄れること。

自分がよくわからないから、いろいろなことに怖さを感じる。

虚勢や見栄を張ってしまうのは、まさにそういうこと。

痛いところや弱点をつつかれるのが怖い、

見たくない自分をクローズアップされるのはイヤだもんね。

 

でも!

みちゃったら、知っちゃったら

すっごく楽になるんだよ(^^♪

嘘じゃないよ、ほんとのこと。

 

こういうことには年上の女性と知り合いになるのがいちばん。

なによりね、言葉を濁したり、嘘言わない。

地に足ついているし、それなりの経験をしているからね。

 

実体験したかったら、美紀さんと私に7月15日に会いにおいでよ(^^♪

その日のうちに変わること、知ることがたくさんあるはずだから。

 

⇒facebookからはここ☆

⇒それ以外の方はここ★

 

待ってるね!

 

 


No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing