自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

幸せになるための道を考えよう!(前編)

女性が、男性が、若い人たちが輝けばいい、もっともっときらきらと。

・・・って、どうすればいいの?という問いが出るのは当たり前。

 

今の日本社会、多くの女性(男性もだね)にとって働きやすい、

輝きが見つけられる場所、とは言えないものね。

何についての話かというと、男女雇用機会均等と日本の未来について。

 

私自身は、性差による差別をあまり感じずにここまできている。

もちろん、全くないわけではない。鈍くて気づかずにいたりもしただろうけれど、

幸せなほうだと思う。それに比べると、今の方がずっと女性や若者にとっての

働きづらさがクローズアップされているような気がするんだ。

 

ニュースや特番でも組まれているので認識していると思うけれど

人口減少、高齢化社会に歯止めがかからないのが今の日本だよね。

 

2030年には65歳以上の人口が50%を超えるという。

男性の出生率も低いし、女性労働力に頼らなければ社会は破たんする可能性が高い。

たった19年先の話、まだ、みんな生きているよね…?

 

働き手の減少、年金破たんが視野に入り、病院・介護施設の不足、税金増額etc.

現実になるであろう不安材料をあげればきりがない。

でもね、こうなるってわかっているのに、なぜ止められないのだろう?

 

神様が決めた定めや運命じゃないんだ。人がやっていること。

だとしたら、歯止めもかけられるし、こうならない道を選ぶことも可能なはず。

はっきりいってしまえば、男女雇用機会均等法や女性活性化の数ある制度、

現実を見ればどれもこれも絵に描いた餅。

働く人自身の意識が変わっていないから、うまく使えない。

 

働く人も、雇用する側も、もっともっと、自分に引き寄せて現実的に考えていきたいね。

 

・・・・・後半に続く★


No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing