自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

ささやかだけれど

お正月から始めたWalking、いい感じで続いている。

横浜に出たついでにシューズを購入。よく考えてみたら、ここ一年半くらい

私のシュー・クローゼットには仕事と外出用の靴ばかりで、ハードギア系は皆無だった。

で、目についた靴屋で出会ったのが、NBの「(⇒)履くだけエクササイズ」という

そのままズバリな靴。履いた感じは、別にどうってことはない。

他社製品のほうがよほど履いた時に「これは効きそう♪」というバランスの悪さを

体感できる。でも、はたと自分の年齢を思い出す。無理しちゃ元も子もないのだ!

 

4日くらいその新しい靴で歩いてみた。距離は10km/dayほど。

靴のせいなのかどうか定かではないのだけれど…年末年始の食べ過ぎ、

終わっちゃったみたい(笑)。体重がするっと元に戻った。

普通に食べているのにもかかわらずだよ?ということは靴のなせる業??

もう少し検証を重ねてみるね。そのうえでまた報告しましょう♪待っててね。

 

ところで、一冊、好きな本をあげるとしたら、なにが浮かぶ?

私の場合は、Raymond Carver著 村上春樹訳の「ささやかだけれど、役に立つこと」。

初めてこの本に出会ったのは、NYの友人宅の本棚。

彼も人にもらったとのことで、ハードカバーのわりにむちゃくちゃ汚くてぼろけた

一冊だった。読みたいと言ったら、くれた。それから私の本になったんだ。

 

とても短い小説なのだけれど、これには何度も助けられたの、私。

いや~な思いして、つぶれそうになった瞬間。

日本に逃げ帰ろうかというほど気弱になって、ふて寝したり。

心が痛くて、涙も出ない夜。

ただ悲しくて悲しくて、泣きながらシャワーを浴びたとき。

 

・・・泣くだけ泣いて、落ち込むだけ落ち込んだ後、この短編を必ず読んだ。

そしてね、おもむろにキッチンでごはんの支度をする。

とりあえず、食べる。そうすると、また明日もなんとかやってみようって気になる。

生きていたら、いろいろなことがある。でも、食べられるなら生きていける。

素直にそう思わせてくれるお話。

 

今は絶版になったらしく中古品しか見つからない。

でも、機会があったら読んでみてね。

 

人は思うほど強くない。

でも、思うほど弱くなく。

だからこその優しさを持っているのが、日常を生きている生身の人間。

 

本がどうのというより、ほんとにほんとのことだけれど

落ち込んで、ご飯ものどに通らない、そんな時だからこそ

何かを食べることが大事なのかもしれないって思うんだ。

日本人、いや、先進国と呼ばれる国に生まれ育った私たちは「飢え」を

体験することがほとんどないものね。だから気づかない。

けれど、私たちは「食べること」で「生きていける」んだよね。

忘れがちだけれど、食べること、そして食材とその命を大事にしなきゃ。

 

なにかあったら、まずは口に入れよう。

腹が立った時にも、まずは、お腹に何か入れよう。

空腹は、人の心をささくれ立て、いらつかせるものだから。

叱るときにも、相手が満腹の時がいいの。受け入れる余裕ができるから。

 

ほらね、食べるって大切でしょ^^

そういえば、私がNYから持ってきたハードカバーのこの本。

誰かに貸したきりのような?誰が持っていったのか忘れちゃった(苦笑)。

ま、いっかな♪ きっと必要な人の手元に行っているんだね。

 


2 comments

  1. がっつり歩いてらっしゃるんですね。
    自分も今年はたくさん体動かしたいです。

    …!
    確かその本は大阪の「おばちゃん」が…。

    コメント by ゆーた
    2011年1月10日 at 11:56 AM

  2. うふふ♪そーです。
    おばちゃんに紹介したのは、とうぜん、私です(笑)

    歩くことは楽しいことなんだってことを思い出しました。
    マンハッタンでは「歩くこと」がすべてで、それがほんとに楽しかったし、興味が尽きなかった。考え事もたっくさんできたし。

    それをね、思い出せました^^

    コメント by 由歌利
    2011年1月10日 at 12:10 PM

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing