自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

生き続けている言葉:その1

今日発行したメルマガのコラムには「まだ梅雨明けじゃない」と書いたが、

すっかり梅雨明けしたね。無性に嬉しくて、ワクワクする。

そういえば。

昨夜、いきつけの店の女将さんに唐突に言われた。

「由歌利さんは男の人より男らしいの。魅力的な人なのよ」。

誉め言葉として頂戴し、ありがたくお礼を言った。が。

「男より男らしい」とまで言われたのは初めてだけれど

いったい、どんなひとなんだろう?ね?

 ま、それはまた別の機会に。

 

私の中にいくつかの「生き続けている言葉」がある。

立派な先輩、尊敬している人が言っていたからというわけではない。

いちばんよく思い出すのは、できれば一緒に食事をしたくない、

どちらかといえば嫌いだった知人にふとしたときに言われた言葉。

 

「キミができるからといって、他の人もみな

同じようにできると思ったらいけないよ」

 

これを言われたときは、なんとなく聞き流していたんだと思うのね。

だからなにも感じなかった。でも、時が経つにつれ、徐々に響いて

きたんだろうな。

 

これでよかったのかどうかと考えるときや、教える立場に立つとき。

いつも自省をこめながら、この言葉を思い出す。

不遜な態度や考えのイヤミな私がいないか。

他人の言動で、自分の感情をいたずらに刺激しちゃってないか。

 

私にはかなり効き目があったんだ、この言葉。


No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing