自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#265 *SPICE OF LIFE*「誕生日回顧録」

こんにちは、由歌利です。

5日に55回目の誕生日を迎えました。

多くの方からお祝いの言葉を頂いて

(お返事するから待っててね)

本当に嬉しかったです。

生涯「現役真っただ中」でいく気満々。

そうしていると、毎年、

新鮮な気持ちになる誕生日。

今週もどうぞよろしく。

 

 


 ☆・:+:。+・。

 

 


二度目の結婚をする前まで

12月から3月の約四ヶ月間は

バイオリズムが

どーんと下がっていた。

町がクリスマスに浮かれはじめ

お正月~誕生日、

余韻でバレンタインデーから

ホワイトデーまで。

いわゆる、家族とか愛とか、

そういう温かいものが主役になる時期。

もー、ほんとに嫌いだったの。

自分が選ばれていない、

仲間外れにあっているような

そんな気がずっとしていた。

いうなれば「考え過ぎ」なんだけど。

 

 


亡くなった父母ともに

記念日を大事にするタイプではなかった。

(彼らもあまりかまわれなかった故なのだろうけれど)

周囲の現実も、本や映画の中でも

誕生日やクリスマスは

「いいこと」がある設定だったけれど

私の現実には関係なかった。

社会人になってから、

誕生日は自分が自分を祝い、贈る。

そういう日となった。

その時々で、側にいるひとたちに

お祝いもしてもらっているし

楽しい思いもしているのに、

すきま風がぴゅーぴゅー吹くのである。

他人には出さないけれど

『私はオマケなので、放っておいて』

と思うほど、自分に対して拗ねていた。

誕生日キライ、と言い切れない

「いいひと」やってたしw

こういうひと、

側にいたらめんどくさい(笑)

私、長いあいだ、

ずっと、寂しかったんだなぁ。

 

 


 ☆・:+:。+・。

 

 


55才。

大人な年齢になったものだなと

客観的に思う。

いま、どこを探しても

さかさにふっても

「さびしいワタシ」が見当たらない。

バイオリズムが下がる時期もない。

FBで誕生日を出していなかったのに

お祝いメッセージいただけちゃって

すごく嬉しくて

こんなにHappyでいいのか私??

と思いつつ、でも、うれし~♪と。

…アホであるww

IMG_7264

toricoのスペシャル誕生日ディナー♪ごぼうのポタージュ、自家製パンのタマゴサンド、フーチバー・ジューシー、県産豚肉のワサビクリームソース!!もー、toricoめ!!

IMG_7265

お祝いに来てくれた恵理子と、BLOGで私を泣かせたナビコ。そのBlogは写真をクリックしてね。


これ、人生迷い道の一例だけど

オトナになったから

理解できたわけではないよ。

ひとによって寂しさだったり、

虚無感、自信のなさ、生きづらさ、

自己肯定感の低さとか

いろいろイロイロあるじゃない。

私は、どこかの時点で

決めていたのだと思う。

自分で作った囲いから自由になることを。

 

 


他の人のことはわからない。

でも。

私の場合は、年を重ねるごとに

許容量がどんどん広くなっていく。

怒ったり、嘆いたり、悔しいとか

そういう事態が起こらない。

だって、起こることは

「しょうがないじゃない、人間なんだから」

ってことなんだもん。

自分がやったことも含めてそう思う。

そしてね、好奇心がむくむくと

いまさらのように膨れている。

あれもこれも知りたくて、

人に会うことや学ぶことが

楽しいったらないのだ。

 

 


 ☆・:+:。+・。

 

 


たまに、亡母を通した自分を振り返る。

母が私の年齢だったとき、

私はいくつで、

何をしていたのだろうかと。

そこからまた母の視点にかえって

母の気持ちを考える。

母55才、私は28才。

私が社内恋愛をして、

最初の結婚をした年。

ああ、なるほどと思ったり、

当時わからなかったことが見えたり。

 

 


母は私を身ごもる頃に、二股をかけていた。

で、どちらの子かわからずに

独身のまま私を産んだと

19のときに告げられた。

もちろん、ひとりは戸籍上の父、

もうひとりは私がとても慕っているひとだった。

その頃は愕然としたけれど、

傷ついた記憶はない。

ただ、その頃は母の真意がわからなかった。

今となっては、本気でどちらでもかまわない。

いや、他の第三者であってもかまわない。

なぜかっていうとね、私自身が、

ただいま現在、正味本音で、

生きていることを限りなく楽しみ、

愛おしいと思い、

そんな自分のことが好きだから。

大切なことはそれだけ。

私がどう感じているかだけなんだ。

顔と名前の一致、愛情の有無、

あったらそれはラッキーだ。

たとえなかったとしても、

そこに、憎しみや恐怖、

犯罪が介在していても

それはそれでいいんだよ。

生まれた子には関係ない。

命の前に、周囲の事情は関係ない。

あっけらかんとそう思っている。

 

 


出会ったひとたち、

これから出会う人たちと、

人生の輝き、喜び、ときに哀しみさえも

シェアしあっていけるんだもの。

これ以上必要なことってなにかある?

 

 


 ☆・:+:。+・。

 

 


生んでくれてありがとう。

心からそう思っている。

亡父は産むなと母に懇願したけれど、

母の意地でこの世に生まれた私(笑)

ファンキーな亡母は

付き合っていた二人に対して

「あなたの子よ!」と

断言していたにきまっている。

かつ、どちらの子か知っていたはずだ。

あの当時のオトナたちは、

ほんとにややこしいよ^^;

それもこれも今となっては愛おしい。

この世に生まれてこれたからこその感謝。

ありがとねーー!

 

 


本日のシメ。

人生は無茶苦茶な要因があったほうが

おもしろい。

年を重ねるごとにどんどん楽しくなる。

今年も私は私が大好きだ!

IMG_7242

この写真は公開するな言われたけど、おもしろいから載せてしまう(悪)


 ☆・:+:。+・。

 

2017年・由歌利塾のご案内。

名古屋は残り一席、横浜はまだお席あるよ。

http://www.yukari-way.jp/archives/3707

※沖縄起業塾第二期の案内は来月するね。

3/28夜には阪本と私が那覇でトークライブします。

横浜2/4

横浜2/4


LOVE & HUG:-)**

──────────────────

このBLOGには掲載していないオマケ話をメルマガに載せています。
オマケのほうがオモシロイらしいけど、これは講読してくれている方へのなので
ここには掲載していません。
読みたい方は…メルマガを登録してね
携帯メルマガという名のPCでもスマホでもガラケーでも受け取れるメルマガです⇒ここ♥

──────────────────

次回配信は2/20(月)あたり

来週はあっちこっちの出張です。

バックナンバー⇒http://www.yukari-way.jp/archives/category/k-mail-bn

登録・解除はこちら⇒https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=yukariway

LINEで送る

No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing