自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#175 *SPICE OF LIFE*「異なる価値」

ここには掲載していないオマケ話をメルマガに載せています。
マニアックなオマケ話ファンも少なくないらしく。

読みたい方は…携帯のわりには長いけどオッケーな
(…なにがオッケーなんだろう??:笑)
メルマガを登録してね。
ここ

——————————————

おはよう、由歌利です。

台風18号は沖縄をほぼ避けて通ったような…

間抜けなほどいいお天気の那覇です。

本土のみなさま、何事もありませんように。

無事に遠ざかっていくことを祈りつつ

今週もスタートです。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

昔、といっても15年くらい前だけれど

「日本にも戦争が起こってみんな死んじゃえばいいのに」と

けっこうマジにつぶやく知人がいた。

はぁ?!!??と思ったけれどスルーした。

 

 

日本の今は確かに戦後だけれど

世界各国ではあいかわらず戦争が繰り広げられている。

戦中に身を置いたことがない戦後生まれには

その気持ちも状態もはかり知ることができない。

ただ、そんなニュースを毎日見聞きしていると

哀しく暗い気持にもなるね。

それでも日常は流れていく。

これが現実。

 

 

先週、家事や仕事の合間にふと

中東方面の状況を思い描き憂うということが何度かあった。

自国を離れて戦いに参加する若者たち、

子供でさえ殺人を正当化し、絶対神の正義を信じる狂気。

なにもできないし、することもない。

対岸の火事といえば終わってしまう。

でも、さっき気づいたんだ。

それも彼らの選択した日常で、そこにはきっと幸福もあるんだと。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

私には私の幸福と価値観の尺度があり、

彼の地に暮らす彼らとは真逆だろう。

日本人として生まれ、日本に住む私とは全く違う。

想像してみる。

最愛の人、大切な人々が大義のもとで殺されたら私はどうするか。

復讐?目には目を?

きっと、そうならない。

私は彼らの考え・やり方に一生賛同しない。

けして交わり合うこともないだろう。

でも、それもありなんだ。

彼らには彼らの正義があって、

それがどれほど私のそれと異なるものであっても

否定することはできないし、間違っているともいえない。

ただ、そこにある他者の営みと異なる価値を認めること。

 

 

ここに、たどり着いた。

私が外国に暮らして学んだ、一番重要なこと。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

みんな同じを求める日本。

正しいことと悪いことに線を引く。

「それ、まちがっている」「あのひと、変」と簡単にいう。

ほんとにそう?

他のひとと同列にいる自分を確認したいだけじゃない?

非常識を排除する、それって戦中の日本みたい。

 

 

書物から知る戦前の日本の美意識や

ひと、モノ、個を貴ぶ心根はすばらしい。

いつのまにか、時代の流れとともに

他者を排除する風潮になった日本。

なんだか切ないよね。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

違う考え、生き方、やり方があっていい。

ひとは認められればそれだけで

その日が一日楽しくなる。

幸福感に包まれる。

違う価値を持つ国のひとだって、きっとそれは同じだよ。

 

 

いまの自分が自分であることを

それでいいと思えたら、

ちゃーんと認めてくれるひとがひとりでもいたら、

もっとおだやかに、

らしく生きていけるものなんじゃないかな。

 

 

いま、大切なひとがいる?

だとしたら、どんなに不幸を感じることがあっても

とってもとっても幸せなことなんだよ。

あなたが笑顔になったら、その人は嬉しいよ。

ひとって、ひとを喜ばせるとしあわせになるイキモノなんだもの。

 

 

☆・:+:。+・。

 

 

こわいものなどなにもない。

未来を憂うこともない。

人は必ず死ぬからね。

お金も名誉も持っていけやしないよ。

だからさ、平平凡凡な日常で

愛するものがあるのなら

それ以上素敵なことなんかないんだよね。

LOVE & HUG:-)**

■次回配信は10/13(月)☆11時です。

次回、祭日だけど出すよー♪

LINEで送る

No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing