自分にむかってまっすぐに。「LOVE & HUG」

#232 *SPICE OF LIFE* 「こころを運ぶ船」

このBLOGには掲載していないオマケ話をメルマガに載せています。
(今日のオマケ、残念でおもしろすぎる)
オマケのほうがオモシロイらしいけど、これは講読してくれている方へのです!
読みたい方は…メルマガを登録してね。
携帯メルマガという名のPCでもスマホでもガラケーでも受け取れるメルマガです⇒ここ

——————————————

あけましておめでとうございます。

由歌利です。

今日は旧正月の元日、

めでたくも寒い一日です。

朝のジョグも快調、

今週もどうぞよろしく!

 

 


 ☆・:+:。+・。

 

 


若いひとや子供に

なにか教えるとき、

尋ねられたとき、

答えに窮する場合がある。

こういうとき、どうしている?

 

 


私は、一呼吸おいて熟考してから

言葉をくりだす。

自分にいつも言い聞かせること。

常識で語ったり、

自分自身でさえ納得のいかない、

いい加減な言葉やいいわけを

理由なく押し付けてはならないと。

 

 


 ☆・:+:。+・。

 

 


小さな頃、理不尽な親の言葉や

大人のその場しのぎの言葉に

さんざ疑問をもち、

ときには深く傷つきもした。

上司の筋が通らない言い訳や

態度にも幻滅した。

もし、あのとき違う言葉をきけたなら、

明るい希望を持てていたのではないか。

もしかしたら、

違う道を選んだのかもしれない。

そう思うから。

大人は答えられない理由や

言葉の足りなさを

「オトナになればわかる」とか、

「いいから黙って言う通りにしろ」

と、理不尽さで補い、

子供や若いひとの希望を潰してしまいがち。

なにか教え諭したいなら、

若いひと、目の前のその人が、

理解できる言葉や、納得できる例えを

必死に考える義務が

オトナにはあるんじゃないかな。

 

 


でも、これね、

誰に対してもそうするべきだと

ちょっとした出来事が私に教えてくれた。

話す相手が対等の大人だから

わかるだろうという過信が

誤解を招いていくことが多々ある。

こちらの事情ぐらいわかるよねというのは

時間と手数を惜しんでいるだけ。

まだ子供だから、いい大人だから、

なんていう年齢区切りじゃない。

誰に対しても同じなんだ。

夫婦であっても、

長年のパートナーであっても、

相手の理解度合いを量りながら、

言葉を選び、重ねていくこと。

まして他人であればなおさら。

 

 


 ☆・:+:。+・。

 

 


言葉の足りなさ、

ヒトコトの多さが、

相手を打ちのめしてしまったり

考え込ませてしまったりする。

黙っちゃうのはもっとダメ。

考えているから待ってとか、

ちゃんと話したいけれど

言葉が見つからないとか、

対話をしながら進めていくとね、

相手も自分も安心、納得するよ。

 

 


言葉は難しい。

でも、その言葉に救われることも

たくさんある。

この世にひととして生まれたのだから

言葉を使おう。

へたでも、途切れてもいい。

みんな「言葉」を待っているんだ。

話をすることが出来ること。

気持ちを伝えあうことが出来ること。

これ、ひととしての喜びだと思う。

 

 


自分の言葉でモノゴトを伝えられる、

素で話せる相手。

わからないことを

わからないと伝えられる相手。

理解したい、

してもらいたいと思える相手。

こう思える相手って

宝物だと思わない?

そういうひとの顔が思い浮かぶってね

とてもしあわせなことだよね。

 

 


若いひとや子供は

そういうオトナを待っているんだよ。

家族やパートナーも、待ってるよ。

あなたの「言葉」を。

 

 


 ☆・:+:。+・。

 

 


言葉はこころを運ぶ船。

たいせつに、たいせつに。

 

boat


LOVE & HUG:-)**


次回配信は2/22(月)夕方頃です。

来週はきゅーっと詰まった出張なのだ。

バックナンバー⇒http://bit.ly/1Ct1CsD

登録・解除はこちら⇒http://bit.ly/1E0xxuj

Instagram: yukarikomuro

LINEで送る

No comments yet. You should be kind and add one!

Leave a Comment

WP-SpamFree by Pole Position Marketing